1. ホーム
  2. ≫口紅も大事だけど、リップペンシルもかなり大事な理由

口紅も大事だけど、リップペンシルもかなり大事な理由

アテニアリップライナー

大人になるにつれラインが重要になるのは、目元だけでなく口元も一緒です。

リップペンシルは使っていない、という人もいるかもしれませんが、口紅よりもむしろライン、正確にいうと、大人は唇の色の前に立体感を重視して欲しいです。

20代までは少し色をのせるだけで可愛くなったり、きれいになったりします。

でも大人になり、パーツがぼんやりしてくるにつれ、色だけでは、「きれい」は作れなくなります。

  • アイライン
  • 眉のライン
  • 唇のライン

という3つのラインを使いこなくことが必要になってきます。

色になって可愛さや華やかさ、ラインによって美しさや若々しさを作れるという感じでしょうか。

唇のライン作りに必要なのはリップペンシルです。

目的は、唇の形の修正だけではなく、唇の境い目にラインを引いて立体感を作ること。

その「境い目」を見つける時に注意して欲しいのは、自分の唇の色素に惑わされないことです。

鏡で横顔を見ると、下唇の底辺がふっくらと盛り上がり始める境い目がわかると思いますが、それが本来の、つまり若かった頃のリップラインです。

ここにラインを引くからこそ、ボリュームが出ます。

その境い目にラインを引いて、それから口角までなだらかな丸みになるようにラインを引きます。

正しい位置にラインを引くと下唇にふっくらとしたボリューム感が出て、若々しい印象になります。

そんな唇に仕上がったらラインを描く位置は合っているということです。

上唇も唇の山と口角をなだらかなラインでつなぐように引きます。

でも上唇は決してオーバーリップにはしない事です。

上唇をオーバーに描くと不自然になるだけだし、昔風な印象になってしまいますので。

リップペンシルは濃い色である必要も、口紅の色に合わせる必要もありません。
ベージュピンクからベージュ・ブラウン色など、自然で優しい影色になるリップペンシルを選びましょう。

太い芯のリップペンシルで描くと、更に自然な印象に仕上がります。
普通の細い芯の場合は、いったんティッシュに芯先を当てて、少し丸くすると安定感があって描きやすくなるし、自然な印象に仕上がります。

リップラインを描く時の注意は、鏡を顔に対して並行に持ちながら描く事です。

そして、

「いーーー!」

と唇を横に引っ張らずに、口角を軽く上げて微笑みながら描きましょう。

ラインが濃くつきすぎたら、指やテュッシュで軽く拭ってから口紅を塗りましょう。

これが失敗せずに、自然に仕上げるコツです。

このようなリップラインを描けるようになれば、見た目年齢マイナス5歳にすることも!!

アテニアの口紅で良く読まれる口コミ

39歳 A 39歳 B 30歳 C
使用色 トゥルーベージュ カシスベージュ サクラベージュ
実感

色が自分に合っていて、顔色がワントーン明るく見えました。

唇がうるおう。

保湿効果があるのか、唇がずっと潤っているような感じになりました。
顔評価 星4個4 星4個4 星5個5
期間 2017年5月〜現在 2017年4月〜現在 2017年1月〜現在
最初の印象 自分に合いそうな色があり、保湿力にも優れているのなら試してみたいと思いました。 見た目がかわいい。 すぐに落ちてしまう口紅が多いですが、これは飲み物を飲んでも落ちることがなかったので印象はよかったです。
詳細レビュー 詳細へ 詳細へ 詳細へ

アテニア口紅お試し

シェアをお願いします。