1. ホーム
  2. ≫幸せは唇に出る!不幸な人の唇の3つの違い!幸せに見えるメイク術

幸せは唇に出る!不幸な人の唇の3つの違い!幸せに見えるメイク術

幸せな唇

幸せは、口紅が物語る!という程、口紅にあなたの人生が出ています

不平不満の多い人は、口元に出てきます。

それとは、逆に、口角が上がっているだけで、パッとみた瞬間、あっこの人幸せそうな人生を歩んでいらっしゃると見えるものです。

はたから見たときの女性の幸福度は、口元で判断する人がけっこういます。

それは、年齢を重ねれば重ねるほどに。

この幸せそうな女性は、どうやって生まれているのでしょうか?

唇や口紅との関係は?

結論

幸福感の鍵、それは、ピンクベージュの口紅

今、あなたが手にするなら、ピンクベージュの口紅です。

唇には、生まれもった形とは別に、「唇の表情」があります。

最近話題の藤井将棋師は、口角をほんのすこし斜め上に引いた、小さな笑顔の時間が多くこれは、自信と楽しさの現れから自然とそうなっているそうです。

一方、不満の多い人は、

「ツ」の口が多いです。

唇を尖らせ、他人を軽蔑すると口角が下がる。

またショックを受けていたり、元気がない人は、上唇挙筋という唇をひっぱる筋肉に力が入らないため、上下の唇を閉じることができません。

ちょっと空いた状態です。

上唇挙筋のほかに唇の動きには、たくさんの表情筋が影響を与えています。

例えば大笑いするときには、頬の一番大きな筋肉である大頬骨筋、そして微笑みを浮かべるには口角挙動。
唇全体の動きには周辺の口輪筋の影響もあります。

全身も顔も、筋肉は鍛えなければ年齢とともにたるんで下がるものです。

顔のなかでも口元は、「下がり幅」が大きいのが特徴です。

関連する表情筋が多く、目元を支えてくれる骨がないので、筋力の低下が見た目に出やすいです。

日常的に良く笑っている人や自信に溢れている人は、大頬骨筋や口角挙筋を鍛えています。

そのため、幸せな人の唇が、不平不満の人に多い人の唇よりも若々しいのは当たり前です。

また頻繁に唇を動かす人は、口元の表情筋が鍛えられるだけでなく、唇の血流も上がり代謝や血色が良く見えますからね。

美しい唇はこうして作られます

幸せは、唇に現れる

それは、日常どう過ごしているかによって唇の扱いに違いが出てきます。

それが蓄積された結果なのです。

いちばん表情筋を積極的に動かしているのは、嬉しいと思った時です。

毎日嬉しい、と実感している人は、表情筋がどんどん鍛えられています。

幸せそうな人の唇と不幸せそうな人の唇の違い

不幸な唇

不幸せそうな人の3つの特徴

1.間違った色選び
2.唇の輪郭が曖昧
3.質感が悪目立ち


幸せそうな人の3つの特徴

1.ふっくらした厚み
2.口角まで端正な輪郭
3.上質なフィット感


唇は、表情筋によるフォルムの変化だけでなく、年齢とともに質感や色、厚みも変化していきます。

オトナの女性が唇で大事にすべきこと

フィット感

です。

20代などの若い女性の場合はメイクでも見映えします。

でも、年齢を重ねていくとメイクの違和感は、そのままダイレクトに出てきます。

何かが不自然な唇メイクは、あれ?この人、なんか違うかな?みたいな印象を生み出します。

たとえば、顔から浮くマットな質感、過剰なツヤ。
唐突な色や不健康そうな色もオトナの女性は選ばないようにしましょう。

加齢のために仕方がないのかもしれませんが、痩せた唇はより寂しく見えます。

いかに自然な唇の延長で、華やかに補正できるか、それがオトナ女性の唇です。

輪郭が曖昧な唇もやめましょう。

若い人の間では、口紅を指でポンポンのせて輪郭をぼかすメイクが定着していますが、唇の輪郭は、品格です。

この品格の部分がぼやける、ということは、品のない女性に見えます。

20代では許されても、オトナ女性としては・・・

年齢とともに口元の筋力は低下します。
だからこそ、リップメイクで、その低下を補うように引き締めて凛々しさを与えないと、だらしなく見えてしまいます。

幸せそうな唇を演出する3つの方法とは

  • 痩せた
  • シワが増えた
  • 口角が下がった
  • 色が悪くなった・・・

唇のエイジングは、人それぞれです。

しかも、多くの人は、1つではなく、複合的に現れてきます。

これらの悩みにどういった対処をすれば良いのでしょうか?

今の時代、新しい口紅はどんどん進化しています。

2017年の口紅は、特にすごいです。

今まで、進化中、だったのが、もう完全に進化を遂げた感じのレベルにまで。

そのどれもがブラシではなく、直塗りで美しい、という点も技術力の高さを物語っています。

逆に、直塗りの口紅を使える人と、使えない人でわかれます。

唇に悩みがある人は、なかなか直塗りの口紅を使えません。

直塗りの口紅を使うなら、ちょっとしたコツがあります。

端正な輪郭や立体感を作って、そこに新しい口紅を重ねると理想的な唇を作りやすくなります。

立体感を出す口紅!3つのメイク術

唇メイク術

1.光を足す
2.丸みを出す
3.口角を描く

1.上唇の山と口角に、光を足す

上唇と左右の口角、3ヶ所にハイライトを足します。
指でそっとなぞって、輪郭を際立たせ光を集めます

口元の筋力の低下でだらしなく見える上唇の山と、左右の口角。
ここにハイライトを足すだけで、確実にすっきりと見えます。

唇のまわりのくすみを晴らして明るく整えると、輪郭をくっきり描かなくとも自然にラインが際立ちます。

ペン先でのせたハイライトはのばすのではなく、そのまま叩き込むように馴染ませましょう。


上下の唇の中央に丸みを出します

唇の山は持ち上げながら描きます
下唇の中央だけ膨らませます

年齢とともに唇が貧弱になったと感じている方は、この描き方を試してみましょう。

上唇の山は角をつけたり作為的に描くと、悪目立ちします。

ペンシルの側面で持ち上げるように描くと適度な厚みが出せます。

下唇は左右から輪郭通りに引き、中央だけ輪郭をはみ出して丸みをつけましょう。
自然なボリュームが作れます


一往復させながら口角を描く

口角に向けて丸みをもたせて、口角を始点にもう一度描きます

幸せな唇の要とも言える口角。

ペン先を寝かせて唇の山から口角へ、そのまま口角から山へ戻ります。

素の唇の輪郭通りに描きますが、ペン先を寝かせて押し当てるように描くことで、上唇が丸みのあるラインになります。

往復することで線が主張せず、誰にでも自然に描けます。

線を指で内側に馴染ませたら、そのまま口紅を直塗りしましょう。

素の唇の延長で描く方法なので、誰にでもオススメです。


オトナの女性に必要な「フィット感」を守るために難しいテクニックなど一切必要ありません。

この3つの方法で得られるのは、

若いころに戻ったかのような口紅効果

です。

ちょっとやりすぎじゃない?でもない、普通な感じの唇が幸福感を解き放ちます。

年齢を重ねてアイメイクに凝ると必ず壁にぶち当たります。

よほどの工夫をしないと思い通りにならない。

メイクをしながらなぜか、気持ちが落ち込んでいく。

でも、唇のメイクはアイメイクに比べると簡単です。

でも、唇のメイクだけで、相手に与える印象は、スゴイ効果です。

顔全体が違うので、気分も違って相手からも褒められるので、幸せ感が出てきます。

用意するのは、筆ペン形のハイライターと、唇の色に馴染みのよいリップペンシルの2つだけ。

シェアをお願いします。